なんだか日記


by matsuya-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イカ釣りに行きました

有名な釣りスポット、広島は呉の倉橋島へ家族みんなで行ってきました。
我が家から、車で約2時間掛かります。
どうしてもイカが釣りたいわたくし、どこでも行く覚悟はできてました。

1人で行く予定だったわたしですが、どうしても付いて行くという嫁。
仕方が無いのでみんなで行く事になりました。

行った先メモ:
「鹿島の港→ちょっと移動した港→砂浜で→室尾→須川漁港→→坂北 」

準備したのは、ファミリー的な投げ釣り&イカ釣り目的なエギングです。

早朝、3時起き。
嫁はおにぎりやお菓子の準備。
わたしは、道具を車に乗せたりました。

出発したのは確か、4時過ぎだったかと・・・早っ!

鹿島先の港に着いたのは6時前ぐらいだったでしょうかね。
おじさん2人がタチウオ&アジを 数匹釣ってらっしゃって、
釣り場に入れるかなと思いましたが、 話していると、
もう帰るとの事でしたので、 エギングを開始しました。

それがどうしたことか、あたりも何もありませんよ・・・。
(入れ食い状態を期待したわたしがバカだった。)

情報によると、わたしのようなエギンガーが、ここ数年で、激増したらしいのです。
イカも警戒心が強くなってるのか、
今年は特に釣れないらしいとは聞いていたのですけどね。

嫁も真似して投げていましたが、早々に糸を絡ませてグシャグシャになったりして、
浮気モードに走り、投げ竿を用意しておりました。

手伝って、投げ竿を2本出し投入(エサは青虫)。
その後わたしは、エギングを再開しましたが、まったく当たり無し・・・
そんな中、投げ竿を突付くと、何か引っ掛かっている!
嫁が投げたのですが、わたしが巻き上げました。
そんな竿先には、23cmのベラが付いていました。大き目です!

その後、投げ竿で小さいベラを追加しましたが、
目的のイカの姿すら無いので移動します。

近くを探索中、良さそうな港発見!
速攻でエギングするも、イカの姿は見えません・・・。

その時嫁が叫んだ!!
18cmぐらいのメバルが、 止めていたイカ用竿にヒット!!!キャーーーー
1投目にヒットしたらしく、興奮ぎみな嫁。
エギからワームに変更した嫁ですが、ナイス判断だったかもしれません。

その後、投げていた1本の投げ竿に、コチの赤ちゃんを引っ掛けましたが移動。

砂浜でエギングをしているお兄さん発見!
話すが釣れてないとの事。
投げでもしようかと、思ったが、先ほどの港に、
嫁が「エサを忘れてきた!」などと!!
取りに行っている間、エギングするも×。移動。

室尾の港にも寄りましたが、人いっぱい。 やる気にならず移動。

15分ほどちょっと離れた須川港へ移動しました。

それがですね、「月刊釣り情報11月号」に、
須川でのイカ特集が載っていたのをチェックしていたのです!

そんな須川港、エギンガーが一人も居ない!!
ラッキーなのか、釣れないのか、少し不安でしたが、
もう最後の場所だと思い、ボウズを免れたい一心で、 エギング開始!

3投目ぐらいにPEラインがバックラッシュ(もつれたって事です)!
エギが3m先の海の中で、漬かってる状態・・・。
糸がもつれているのを直していながらエギを見てみると、
見えるエギの隣に、アオリイカの魚影発見!
もつれている糸を手繰ってツンツンすると抱いてきた!!!
無我夢中で糸を(手で)引っ張り、合わせに成功!
漁師のように糸をたぐり寄せ、取り込みました。
d0008269_11284759.jpg

胴長10cmぐらいですが、うれしい1パイ。

糸を直し、ランガン(歩きながら投げる)していると、
藻ではない、微妙な当たりを確認!
抱かないので、ツンツン刺激するとガッツリ抱いてきた!!!
鬼フックで合わせて巻いてみると、胴長12~15cmぐらいのアオリイカをゲット!!
釣れたではなく、釣ったったって感じでした。

その後、40分ぐらい粘りましたが、
10cm前後2ハイ追加して終了感覚。
マコ達に竿を貸してやり、写真なんぞを撮りました。
d0008269_11321419.jpg

未知の世界なのでしょう、教えてやると、それなりな格好でやってましたよw

14時30分ごろだったか、帰路へ。
帰りはほんのり渋滞していましたが、車は流れていました。
高速を使えば良かったのですが、貧乏性炸裂。

このまま帰るのもあれなので、坂北の港でエギング。
ド干潮なので、堤防下の岩が剥き出しでしたが、
投げてみる事に。

先端でアジを狙っていたおじさんの横に入らせてもらい、投入。
目を凝らして見てみると、2ハイほどが、エギを追っかけて来てます!
もう一度投入し、ジワジワと誘いをかけると、1パイが抱いてきた!
慌てたわたしは、合わせに失敗・・・、エギがわたしめがけて飛んできた!!
はたいたら、船を縛っているロープに引っ掛かり、外れなくなりましたが、
ド干潮のおかげで、下まで降りていけたので外して、
その下から狙う事に。
しかしもう、見切られたのか、追いかけても来なくなりました。

完全に終了でございます。

帰宅が18時前で、イカをさばいてみんなで食べました。
d0008269_11401697.jpg

こんな感じで、1人1パイのイカが食べれましたよ。

ちなみに嫁が頑張って釣り上げた魚がコチラ。
d0008269_11413238.jpg

そんな一日でした。

確かに疲れはしましたが、目的のイカを釣り上げたので、
わたし的には大満足な日になりました。
この日を忘れません。

そんな思いで、長文になりましたがご理解ください。
応援をありがとうございました。
[PR]
by matsuya-t | 2006-10-25 11:33 | 連絡